TOP > 技術紹介

技術紹介

精密転造

リードスクリューの生命は、フランク面の面祖度、
伸直度、ネジピッチの精度です。
当社は特にその面では自信が有ります。
ニーズに応えるべく技術向上に邁進してまいります。

写真はネジピッチ0.2~0.4㎜

tenzou01.jpg tenzou02.jpg tenzou03.jpg
     

精密切削

精密シャフト、医療用部品などの精密穴あけ切削、
フライス加工やエンドミル加工等の有る複合加工品を得意としております。
特にリードピッチが荒いものやフランク面の精度、
卓越した面祖度が
必要なものがあればぜひお任せください。

sessaku01.jpg sessaku02.jpg sessaku04s.jpg
複合加工
(スリ割り・横穴加工有り)
  小径段引き(左)
小径高精度穴加工(右)
左右共にネジピッチ0.2㎜

提案型の製造業

こんな形が出来るのか、この図面で必要とする強度が得られるのか等々
ご不明な点がございましたらまずはお問い合わせください。
我社の長年の経験の中で培った知識や技能を活かして、
技術面での改善案をご提案させていただきます。
teian01s.jpg 提案型の製造業紹介2.jpg 提案型の製造業紹介3.jpg

品質と精度について(当社のこだわり)

約30年間品質の追求を行ってきて、他社には真似が出来ないこだわりのリードスクリュー(送りねじ)を製造します。

バイト研磨機があるためどのような角度のものでもバイトを整形し製造は可能です。
 
バイト仕上げ面を完璧にし、面粗度を上げます。
鏡面仕上げという細かい溝の部分までもぴかぴかにする技術がございます。
それにより面粗度(※)が高いため、リードスクリュー(送りねじ)作動時の滑りは良く、摩擦による音などもありません。

IMG_0572.jpg

※面相度とは
加工品の面粗さ、リードスクリューのフランク面段挽外経などの表面の粗さのこと
弊社のリードスクリューでは面粗度が良いため、電気抵抗が少なくなります。
そのため弊社リードスクリューを使用して作ったパソコン等のハードディスクは負荷が少なく
静かで装置への負担も軽いです。
 

精度について

ネジのピッチ精度
弊社で製造する精密級ねじ(リードスクリュー)のネジピッチ精度は
単独ピッチ誤差(単一ピッチ誤差)で0.005mm以内です。
累積ピッチ誤差で0.008以内です。
外径の精度
弊社で製造するリードスクリューの外径の精度は0.005mm以内です。
 

材質は

SUS303 ステンレスと真鍮(真ちゅう)等を得意としております。